5Sとは

5Sとは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」を徹底することです。

私どもBMLは、ビジネスの基本としての5Sを底辺としたビジネスコミュニケーションとマネジメントスキル向上のためのプログラムを提供いたします。

5Sとは何でしょう?

5Sを実践するということは、「当たり前のことを当たり前に実行できるよう組織活動として展開する」ことです。

この5S実践活動は、組織体における「モノ」や「情報」および「人」を対象に、全員参加で展開します。業務の効率向上、ミスや事故防止、スペースの有効活用などを実現するための業務の基盤整備を目的としています。

この5S実践活動を展開することにより、副次的に管理監督者の皆さんのマネジメント力向上や組織の活性化が期待できます。

5Sによって何がわかるのでしょう?

5Sによって何がわかるのでしょう?

まず第1に、5S実践活動によりで職場の管理レベルが分かります。

「5Sのレベル」は職場の管理レベルそのものをあらわしています。

管理の基本は必要なモノや情報がすぐに取り出せることです。

必要なモノや情報を取り出すのに時間がかかる、または取り出すことができない状況では管理されているとは言えないのです。

第2に、5Sでその職場のモラールが分かります。

モラールとは「士気」「帰属意識」といった意味です。

つまり、職場への帰属意識の高さが、5S徹底の状態にあらわれるのです。

つまり、「モノの乱れは心の乱れ」というわけです。

5S実践のためには何が大切でしょう?

5Sは習慣化し、かつ定着化して本物といえます。

短期的に盛り上がる「お祭り的な5S」では、5Sを実践しているとは決して言えません。

5Sを成功させるためには、まず「全社運動」としての盛り上がりが不可欠です。

そして、全社運動としての盛り上がりを実現するためには全員参加と率先垂範が重要になります。

とくに、管理・監督者や5Sリーダーの率先垂範が重要になります。

率先垂範とは、本人が他の人の模範となるような行動を自ら進んで実行すること、つまりリーダーシップそのものです。

これができなければ、他のメンバーの士気は下がり、5Sの全員参加が次第に遠のいていくのです。

5Sに期待される効果

5Sに期待される効果は多数あります。

その効果を整理すると「直接効果」と「間接効果」に分類できます。

「直接効果」とは5S実施によって、業務を進めるムダが削減される直接的な効果です。

また、「間接効果」とは5S実践のプロセスを通じての副次的な教育効果であり、とくに管理監督者に対するマネジメント力を向上させる効果が期待できます。

直接的な効果
5Sの効果 効果の例
1.仕事のムダの減少 ・物を探すムダの減少
・仕掛品管理強化による運搬のムダの減少
2.品質のムダの減少 ・材料間違いのムダの減少
・クレーム対応のムダ減少
3.安全の確保 ・通路の確保による安全
・しつけによる安全ルールの徹底
4.納期の確保 ・情報整理による優先順位の明確化
・現品管理による進捗管理の徹底
5.モラールの向上 ・しつけによる時間管理の徹底
・しつけによるあいさつの徹底
6.営業の効果 ・製品やサービスの信頼の向上
・企業のイメージ向上
間接的な効果
5Sの効果 効果の例
7.管理監督者の管理能力向上 ・PDCAを実践する能力向上
・メンバーとのコミュニケーション力向上
8.組織の問題解決力が高まる ・組織としてのさまざまな問題の共有化
・問題解決を実現する能力の向上
9.組織の活性化 ・目標に向けてチャレンジする姿勢向上
・他部署との連携力が向上

BMLの5S研修プログラム

BMLの5Sの指導では、まず第1に「基本研修」を実施しメンバーの意識づけを行います。

第2に基本研修実施後、コンサルタントが実際に現場に出向き、具体的な「現場指導」を行います。

そこでは、実行計画に対しての進捗状況の確認、さらには現場での計画実施が行き詰まっているグループなどへの指導を行います。

この現場での指導を通じて5Sのあるべき姿が明確になり5Sレベルの向上につながっていくのです。

5Sを成功させるポイント

  1. トップの理解と管理者の率先垂範
    まずは、組織を代表するトップの理解とリーダーシップが必要です。
    5Sに対する「率先垂範の姿勢」も大切な成功要因となります。
    BMLは経営者や管理者へ「率先垂範の姿勢」を第一に指導いたします。
  2. 推進委員会と事務局の積極的な姿勢と思い入れ
    5Sを推進する中心メンバーである、推進委員会員や推進事務局員の「積極性」と「5S実行の思い入れ」の双方が必須です。
    BMLは中心メンバーの果たすべき機能を重点指導いたします。
  3. 管理監督者の教育は専門家の指導が必要
    管理監督者への「5S教育」も重要な要素です。
    この教育は、5Sを専門に指導している研修機関やコンサルタントによる教育指導が不可欠です。
    BMLは管理監督者への「5S教育」を実践的に指導いたします。
  4. 5Sのルールを明確化すること
    5Sのルールを明確化することは、5Sの方法や考え方を浸透させ、定着化させていくために重要です。
    BMLは5S実施の対象となる「組織にマッチした5Sのルール」の作成指導をいたします。
  5. 5Sの実行計画を立案しそのフォローを実施
    5Sを確実に実行するためには「実行計画の作成」が重要なポイントとなります。
    BMLは「実行計画の作成」をフォローし、作成された実行計画の進捗状況を現場で確認し指導します。