5Sはもともと工場の管理手法として実践されてきたものです。

とくに製造現場で大きな効果を発揮しました。

しかし、5Sの考え方や実践方法は、工場の製造現場だけに有効な方法ではありません。

工場の技術・事務部門における効果も情報の5Sという側面からさまざまな成果が期待できます。

さらには、製造業以外での5Sの取り組みも盛んになっています。

とくに、サービス業の5Sは、工場に比べかなり遅れているところが多いようです。

5Sを実践することによる清潔な店舗づくりは顧客満足を高める基本です。

最近では、医療事故防止につなげるために、病院でも取り組み始めています。