5Sが得意な人とそうでない人がいるのは事実でしょう。

5Sができない人の多くは、性格的に苦手だという言い方をします。

プライベートな時間やスペースはともかく、組織で仕事をする状況においては、苦手だからできないという言い訳は通用しません。

さらに大切なことは、苦手な人でも5Sが徹底できるように、組織全体で組織的・体系的取り組むことです。

例えば、5Sが徹底できるような共通ルールを設定し、相互にチェックするようなしくみを構築し運用するのです。

大切なことは5Sが徹底できない原因を性格的なものと決めつけないで、怠惰な人でも実施できるような仕掛けづくりや知恵が必要なのです。