Q【質問】5S推進で管理者の役割とは、どのようなことでしょうか。

Q16.bmp

A【解説】

●5S推進での管理者の重要性

5Sを推進する場合の管理者の役割は大きい。

5Sが徹底するか否かを決定する重要な要素と言えよう。

管理者が“本気さ”を示して管理者としての役割を果たすことが5S成功の重要なポイントである。

管理者が役割を果たす職場は5Sが徹底しますが、役割を果たさない管理者のいる職場では5Sの徹底は難しいものである。

●管理者の役割とは

管理者は具体的にどのような役割を果たすべきかについて解説しよう。

①5S活動の目標を具体化し職場目標とする

組織全体の目標を職場目標として具体化することが役割である。

より職場の実態に合わせた目標設定がされることが望ましい。

②整理・整頓・清掃の「あるべき姿」を示す

5Sのレベルに対してのあるべき姿を管理者が示す必要がある。

とくに3S(整理・整頓・清掃)については、具体的なイメージが明確になるよう職場のメンバーに対して指導しなければならない。

③5S活動の進捗管理をする

5S実行リーダーが作成している実行計画書に対して、5Sの進捗状況をチェックし、フォローするのも大切な機能である。

計画に対して遅れがある場合は速やかに指導しなければならない。

④5S活動に向けての動機づけをする

5Sに向けての動機づけは、管理者が果たすべき役割の中で最も重要なものであろう。

動機づけの基本は5Sの必要性を納得させることである。

納得させるポイントについては一章で解説しているので参考にしてほしい。

⑤職場の5Sレベルを監査する

組織全体の5S監査の役割は5S推進委員会であるが、職場内の監査は管理者が責任を持って行う必要がある。

監査を通じて5Sのあるべき姿を共有化するねらいもある。

⑥5S実行リーダーや推進メンバーの役割を明確化する

5S活動を円滑に推進するためにはメンバーそれぞれが、自分の果たすべき役割を的確に理解し行動する必要がある。

管理者には構成メンバーに対して自分の果たすべき役割を認識させる機能がある。

ただし、現場の推進メンバーの役割については、5S実行リーダーに任せるほうが良い。

管理者は5S実行リーダーの役割を明確化することになる。

⑦問題にぶつかった場合の指導やアドバイスをする

問題にぶつかり、実行グループでは解決できない場合には管理者のアドバイスが必要になる。

アドバイスが必要な場面で支援できないようだと活動は止まってしまうだろう。

⑧自らも率先垂範を心がける

管理者自身の率先垂範も重要な役割であることを忘れないで行動することが重要である。