宿泊したホテルからの富士山

関東からの富士山.JPG

現在、清掃が重点課題になっている企業Dの5S指導を3日間実施しました。

5Sの指導は通常工場の中を1職場40分~50分程度の時間をかけて実施状況を確認します。

現場の5Sリーダーから取り組み状況を聞きながら、現場の実態を確認します。

その後、改善すべき箇所や改善すべき方向を指導・アドバイスします。

今回の指導では、前回に比較してかなり進歩していました。

かなり現場での取り組みに“本気さ”が出てきました。

このような“本気さ”というのはいったいどのようなとこから出てくるものだろうか。

5Sを展開して“成果に結びつけるために何が重要か”について考えてみよう。

●実行課題が設定されたら5S実行計画をすぐに作成する

●5S実行計画の実施は先延ばしにしないで、即実行すること

●実行には職場のメンバーを巻き込んで実行すること

●作成した計画の達成状態のあるべき姿をイメージすること

●職場の実施状況が目で見て分かる“見える化”を進めること

以上の項目は一部ですが、今後この点は詳しく解説する機会をつくりたいと考えています。