5S活動の発表に耳を傾ける

2007.15S①.JPG

2006年度の5S活動の成果が良かった職場の成果発表が実施されました。

5S活動に活発に取り組み成果に結びつけた職場の特徴は

   ①職場の5S活動への取り組む重点テーマを具体的に設定する

   ②職場のテーマ設定はメンバーの意見を吸い上げて

   ③メンバーへの役割分担を明確化し全員参加を実現している

   ④使いやすい改善を進めること

   ⑤見た目の美しさにもこだわること、このことで清潔な職場が実現できる

などの発表がありました。

2007.15S②.JPG

職場発表のあと、改めて5S活動の効果について簡単に解説しました。

5Sの効果には直接効果と間接効果が期待できます。

●直接効果とは

   1.仕事のムダの減少

      ・物を探すムダの減少

      ・備品の在庫量の適正化(ムダ在庫の減少)

   2.ヒューマンエラーの削減

      ・薬剤投与の間違い防止

      ・点滴セッティングの誤り防止

   3.患者の事故防止

      ・通路にはみ出した物にぶつかる事故防止

      ・リハビリ場面での事故防止

   4.スペースの有効活用

      ・ナースセンター内のスペースの有効活用

      ・病棟の倉庫の中のスペースの有効活用

   5.モラールの向上

      ・しつけによる時間管理の徹底

      ・しつけによるあいさつの徹底

   6.患者・お客様の満足度向上

      ・清潔な病室において満足感を与える

      ・職員の対応で満足感を与える

●間接効果とは

   7.管理監督者の管理能力向上

       ・PDCAを実践する能力向上

       ・メンバーとのコミュニケーション力向上

   8.組織の問題解決力が高まる

       ・組織としてのさまざまな問題の共有化

       ・問題解決を実現する能力の向上

   9.組織の活性化

       ・目標に向けてチャレンジする姿勢向上

       ・他部署との連携力が向上

   10.当たり前のことを当たり前に実行することの価値の共有

      ・当たり前のことの重要性の理解

      ・当たり前のことを実行できる組織風土の醸成

2007.15S③.JPG