派遣社員や請負会社などの外部社員(アウトソーシング)を活用する企業が増えている、生産変動に対応した労務費の変動費化が実現できる、コスト削減などの効果が期待できます。

反面、多くの問題点も表面化している。

詳しくは本誌の中で述べるが、主な問題点として、

・教育の時間がかかる

・品質・安全のトラブル発生のリスクが増加している

・正社員への技能伝承ができなくなり、技能の空洞化の恐れがある

といったことが指摘できます。

そのような中でいかにアウトソーシングを効率的に展開するか、ここでは3回シリーズで外部社員の活かし方について解説しています。

第1回目はアウトソーシングの進め方、外部社員の活用の効果と問題点外部社員への仕事の任せ方等について解説しています。

第2回目は外部社員の持っている能力をより引き出すためのマネジメントのポイントについて解説しています。

第3回目は外部社員への技能伝承を確実に行うポイントを解説しています。

工場の管理者や監督者で、派遣社員の活用に悩んでいる方、請負会社とのコミュニケーション等でと戻っている方などの参考になればと思います。

IEレビュー.jpg IEレビュー5.jpg IEレビュー8.jpg