「形直影端」(けいちょくえいたん)とは、あるお寺の住職から教えられた言葉です。

「形をまっすぐな姿勢にすれば影もまっすぐになる」ということです。

すなわち、心を直すにはまず形を直すことが必要で、形から入ることで心も改善されるというような意味でしょう。

すなわち、意識や姿勢を改善する場合にも、まず形を整えることが必要ということなのです。

私は職場の5Sの重要性や必要性を日ごろお話をしているのですが、まさに「形直影端」だなと感じました。

製造現場も構成メンバーの心が物に表れるのです。

つまり、「物の乱れ」は「心の乱れ」ということになるのでしょう。

メンバーの意識が低下した場合になどでは、その状況が物に表れます。

物が平行直角に置かれていたのが乱雑になっているということは、メンバーの心が乱れているのです。

5Sはごまかすことができません。

素直に現場の実態を表しているのです。

また、このような5Sの特性を把握し、それへの対応を素直に実施することが大切なのです。

このことが最近よく使われる言葉である「愚直」ということにもつながるのでしょう。