5S定着化書籍.JPG

実践!5Sの定着化

本書は5Sを組織に定着化させるための考え方や施策について解説している。

5Sの定着化を実現するための方策は企業や組織により事情は異なる。

それぞれの歴史により対応策は当然異なってくるものだ。

しかし、筆者の経験から組織には共通している定着化できない要因がある。

それは5Sへの取り組みに対しての組織メンバーの納得度である。

5Sに取り組む段階で納得して取り組むことができておらず、押し付けの5Sになっているのである。

そこで、納得できる5Sはどのように取り組むべきかについて重点を置いて解説している。

定着化を実現するために、管理監督者のマネジメントの方向性について解説している。

管理監督者がいかに本気さを発揮して5Sを推進しているかが重要のポイントになる。

管理監督者が本気さを持たない組織に5Sの定着化は難しい。

そこで、管理監督者がメンバーを納得させるために必要な手法がコーチングである。

押し付けの5Sではなく、自分が納得して取り組ませるためのマネジメントの手法がコーチングなのである。

コーチングの基本はメンバーから意見や考えを引き出すことにある。

メンバーから意見を引き出す点が、押し付けとは異なるところである。

5Sのコーチングを具体的に展開する事例について解説している。

この事例を学習することにより、5Sのコーチング手法を身に付けてほしい。

5S定着化させるためには継続性が重要である。

5S活動を継続するためには改善への取り組みを停滞させないことが必要だ。

そこで5Sの取り組みを目で見る管理まで拡大して取り組むことが成果につながる。

そのために目で見る管理の考え方や役割、その進め方を解説している。

目次

1 5Sが目指すもの

 1.1 今、期待される現場力向上

 1.2 現場力とは

 1.3 現場力向上に必要な5Sと見える化

 1.4 5Sの本質とは

 1.5 5Sによって得られる成果

 1.6 5Sを定着化させるとは

2 5Sの停滞について考える

 2.1 経営に対する短期志向が5Sを停滞させる

 2.2 現状満足が停滞につながる

 2.3 5Sは徹底しないと停滞し後退する

 2.4 5S活動のマンネリ化

 2.5 現状維持という誤り

3 5Sを定着化させる考え方・取り組み方向

 3.1 管理監督者が果たす3つの機能

 3.2 管理監督者の5Sへの取り組みの本気さ

 3.3 5S活動への納得を引き出し定着化

 3.4 迅速にPDCAを回し愚直に継続

 3.5 5S活動に定期的に新風を吹き込む

 3.6 自分で自分をしつける習慣づけ

4 定着化に向けたコーチング

 4.1 5Sでコーチングが必要な意味

 4.2 コーチングとは

 4.3 コーチングに必要なコーチングスキル

 4.4 5S指導に必要な質問のスキル

 4.5 納得を引き出す傾聴のスキル

 4.6 コーチングによる問題解決の進め方

 4.7 原因究明の4つの視点

 4.8 コーチング実施の留意点

 4.9 こんなときどのようにコーチング

5 5Sの問題解決を促進するコーチング事例

 5.1 5Sの問題解決のコーチング事例の構成

 5.2 工具置き場が徹底できない

 5.3 5Sリーダーの悩み

 5.4 清掃をしない人への対応

 5.5 実験室の5Sが進展しない

 5.6 5Sがレイアウト変更で乱れる

6 5S定着化の施策

 6.1 5Sを徹底するコツ

 6.2 管理者が5Sへの関心を高めるには

 6.3 中高年層を意識づけする

 6.4 5Sに消極的な社員への対応

 6.5 技術部門は5Sの効果を実感させ5Sを維持向上

 6.6 実行リーダーのローテーションで逆戻りさせない

 6.7 消極的な5S実行リーダーを意識改革する

 6.8 5Sパトロールを有効に活かす

7 目で見る管理による定着化の徹底

 7.1 目で見る管理と5S

 7.2 迅速に問題を発見し解決する

 7.3 会社と仕事のしくみの見える化

 7.4 潜在的な問題の顕在化

 7.5 目で見る管理の方向

8 5S定着化の基本原則

付録 定着化に向けたチェックリストとワークシート