問題解決ワークショップ第3会合

対象者

  • 管理・監督者
  • 中堅社員
  • チームリーダー

ねらい

  1. 計画に対する進捗状況の確認をする。
  2. 実施段階でぶつかっている障害を抽出し、対応策を相互に検討する。
  3. 目標を達成するために人を巻き込むポイント、影響力を発揮する方法を検討する。
  4. 他部門との折衝をするための事前準備の内容を理解し、簡単なロールプレイングを通じて話し方聴き方のポイントをつかむ。

研修参加者のコメント

「製薬製造メーカー」の研修 7日

問題を解決する手順が理解できた。とくに問題の分析のポイントが理解できた。

仕事を進める上での問題解決の必要性がよく分かった。

かなり長期間の研修だったが、実際の問題解決を体験できたことが良かった。

「化学製品製造メーカー」の研修 9日

講師の話し方がおもしろく飽きないで受講することができた。

問題の分析で“なぜ→なぜ→なぜ・・・・”と深く分析することが問題を解決する上で大切であるが理解できた。

研修を通じて上司と深くコミュニケーションができてよかった。

プログラム

第1日目

午前の部(9:00~12:00) オリエンテーション
  1. 目的、進め方
進捗状況の確認
  1. 進捗状況のまとめ
  2. 進捗状況の発表
  3. 相互コメント
午後の部(13:00~18:00) 実施の段階でぶつかっている障害
  1. 現状での障害は何か
  2. 障害への対応
  3. 粘り強さが重要
  4. 個人研究
  5. グループ討議
  6. 発表、コメント
課題を達成するためのリーダーシップ
  1. 何を、誰に、どのように影響力を発揮し、協力を得るか
  2. 人を巻き込むポイント
夜の部(19:00~21:00) つづき
  1. 個人研究
  2. グループ相互検討

第2日目

午前の部(9:00~12:00) 他部門との折衝力
  1. 折衝力とは
  2. WIN/WINの交渉
  3. 折衝のための事前準備
  4. 事前準備シートの作成
  5. 個人研究
  6. グループ相互検討
午後の部(13:00~16:00) 話し方、聴き方の実践
  1. ロールプレイングの進め方
  2. ロールプレイング
  3. 発表、コメント
まとめ
  1. 全体の確認
  2. 次回までの課題は
  3. 提言書のまとめ方