5S活動の推進には、直接的な効果と間接的な効果が考えられます。

直接的な効果とは、5Sを実施することによるムダを削減するという側面です。

もう一つは、5Sのマネジメント効果です。

5Sをレベルアップする過程において、マネジメントの質の向上が図られます。

これは5Sの間接的な効果ということになます。

一般的には、5Sの直接効果のみに目が行きがちですが、マネジメント効果も大変重要です。

5Sの推進により、マネジメントのベーシックな部分を底上げできるのです。

「当たり前なことを当たり前に実行できる風土や文化の醸成」を期待できるのです。